気になるほくろは15分で切り取って検査できます

タイトルの通り、ほくろを取ってみた。

太ももの内側の。でかくなっていいなんて一言も言っていないのに、じわじわ大きくなってきた。

まだ小さい(4㎜)けれど、徐々に盛り上がってきていたので、もし悪いものだったらどうしよう、と思い、検査目的で切除してみた。

ネットを見ると、怪しいほくろの基準が↓だとされている。

【特徴】

・盛り上がっている。

・左右非対称

・円周部がぼやけている

・凸凹の凸が黒い

・6mm以上

・・・etc

自分のは、盛り上がっているのと淵がぼやけていた。

故に、善は急げでとってみた。

【初診から結果告知までの流れ】

①初診時

・ 切除方法の説明を受け、ほくろを取る意思があるか?の確認

・感染症の有無を確認するために、採血

・同意書を渡される(次回診察時に提出)

②2回目の診察

・同意書をわたす。

・切除開始

【ベッドに寝転がってからの流れ】

・局所麻酔を注射される。

・30秒後、専用の小さい器具でくりぬかれる

所要時間は3分。

サイズが小さいので、傷を1針縫う。

終わり。あっという間。

…術後1週間入浴はできないが、シャワーは浴びてよいとのこと。くりぬいた翌日は消毒が必要。

太ももの付け根付近だったので、ズボンを脱ぐというイベントはあったが、背に腹は代えられないので、気にしない。

終わった後に、先生が「大丈夫だよ」といって、太ももをさすってきた。

…やや恐怖を感じたが、気にしない。

そんなこんなでほくろを取った気づき。

くりぬく範囲は、けっこー内側の皮膚の深いところまで抉り取る

だが、痛みはない。

所感としては、内側の肉は赤いんじゃなくて、真っ白なんだなっていうこと・・・。

病理検査の結果は1週間後にわかる。

ほくろを眺めてネットを検索し、これは病院行ったほうがいいのかな?まだ6㎜はないから平気かな?てかそもそもどの基準がやばいんだ?

悪性だとどう困るんだ?

・・・・というような、考えてもわからない問いを、気になる度に繰り返し、結果何もしない。という、時間を無駄にして心配を募らせる連鎖にもしあるのならば、さくっと切除し、検査にかけることをお勧めしますよ!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる