寝起きスチーマーで3文の得

早起きしたくて早い時間にアラームをセットする。
一度は目が覚めるけど、二度寝してしまう。
そんな日々を送っているうちに、
「ああ、自分には早起きが向かないんだ。毎日挑戦するけど、結果として起きられず、早起きに挑戦する日はなんだか調子悪いし、あきらめて夜型にしようかな。」なんて、早起きを諦めてしまっていませんか?
かくいう私は毎日こんな感じで、朝早く起きたい思いと、起きられない事実にじわりじわりと苛まられて、早起きを諦めて数年を過ごしていました。
それでも、確かに夜遅くまで起きて、仕事や読書に時間をあてることはできるので、朝二度寝して何もしないことに比べれば、夜頑張るのも大いにありなのですが、心のどこかで朝頑張ったほうが、「健康に良い」し、いろいろな本で「できる人は朝型!」
と、書かれているので、どこか後ろ髪をひかれる思いがありました。
あれ、ないですか?

「朝型になりてぇ」

という思い。
今回はそんな課題を抱える人に、プラスはあってもマイナスはないとある方法をお勧めしたいと思います。
「とある方法」と言いましたが、タイトルに答えを書いていますね。
そうです。スチーマーです。美顔器とも呼ばれますね。(ちなみに、女性が使っているシーンを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、男性が使っても何の問題もありません。)
今回はPanasonic製スチーマーを買い替えながらかれこれ10年ほど使ってみて感じているメリットを紹介します。

では、早速。
メリットその1.目の周りが潤うので、朝、すぐに目が開く
メリットその2.全体的に肌トラブルが減る
メリットその3.+1の習慣が作れる
すばりこの3つです。

結論から言うと、朝起きたら歯磨きしながらスチーマー準備して、スチーマー浴びながらHuluでもYotubeでも見て楽しい時間を過ごし、終わったらスキンケアして一日を快適に始めやがれ。以上、解散。

という感じなので、せっかちな人はどうぞこのままスチーマーを準備してください。(笑)

とはいえ、「根拠を教えろ」という人のために、一応書き続けますね。

メリット1.目の周りが潤うので、朝、すぐに目が開く

こちらですが、皆さんは朝起きてすぐにすることは何でしょうか?
え、二度寝ですか?…ちょっとそれはなしの方向でお願いします。
顔を洗う、歯を磨くといった方が多いと思いますが、実は私もそうです。
ただし、さっと歯を磨きつつ、スチーマーの準備をします。準備ができたらうがいをして、早速スチーマーを浴びます。
スチーマーで温冷ミストを浴びると肌が潤うような感覚になりますが、特に目の周りの乾燥に効果がありとてもすっきりと目が開くようになります。
なぜなら、実は、朝起きられない原因として「目の乾燥」があります。
乾燥の原因として、体の様々な炎症もありますから、ニッチなこのブログに行き着いた方には、私同様に一定の効果があるんじゃないかな、と思います。
それなら起きてすぐに目薬をさすのもいいのでは、と思うのですが、実際に試したところ、ベッドから起き上がらないため体が覚醒するに至らず、すぐに二度寝をして寝てしまい、私にはこの方法はあいませんでした。
顔を洗うのも効果はあって、目の周りに水分は与えられます。ただ、こちらも朝眠たいときに、「顔を一瞬洗う」ことで済んでしまうので、まだ体が覚醒しきりませんでした。
この経験から目の乾燥に加えて、起きるまでに一定の時間を要する何かをしようということになりました。それも、寝てしまわないように何か楽しいことはないかなと探しました。
お風呂に入る?→準備長すぎ。
運動する?→いや絶対続かない。てか、疲れて寝る。
映画見る?→普通に一本見ちゃってただの娯楽になってまう。
とかもろもろ考えに考え、スチーム浴びながら、アイフォンをスチーマーの蓋と本体の間に立てかければ、スチーマー浴びている間だけ映画見れるじゃん!!!ということに気づきました。そんなこんなで、
①目の乾燥を潤す
②体が覚醒するまで一定の期間体を起こす
③準備に時間がかからない
④楽しんでできる
という要件を満たすアクションに行き着いたわけです。
まぁ、そんなわけでぜひお試しあれ。

メリットその2.全体的に肌トラブルが減る

はい。これはそもそもの美顔器のメリットとしてよくご存知の方も多いのと、メカニズムについてもよく言及されているので、この記事では割愛しますが、個人的には美顔器の効果を得やすいのは夜ではなく朝だと思っています。
というのも、美顔器の効果って、「潤う」ことに尽きるので、多くの人は夜お風呂に入るので、そのあときちんとケアさえすれば美顔器と同等の効果をお風呂から得ています。そんな中朝お風呂に入り、しかもきっちり全身ケアをするというのは時間的な観点で、少し大変で、できる人も多くはないと思いますが、スチーマーであれば、顔だけをケアできるので、とても時短でよいと思います。

メリットその3.+1の習慣が作れる

こちらは少し発展的な内容です。
とはいえ、ある意味で私が一番大きなメリットだと感じているポイントでもあります。
というのも、「朝早く起きたい」と思っているからには、朝起きて何かしたい、という思いがあるとと思います。
そしてその多くは、自己実現的な何かじゃないかな、とも思います。
例えば、英語の勉強とか、プログラミングとか、投資とか、仕事の勉強とか、もしくは料理かもしれません。
要は、朝活ってやつですね。
仕事が終わってからだとなかなか続かない何かを、「朝にやる習慣を持ちたい」というインサイトを持っている人が多いんじゃないかなと。
で、習慣を身に着けたいという話になると、朝起きる。だけでは、実は定着しづらくて、「なにかとセット」にすると習慣として身に付きやすいという性質があります。
厳密には、何か習慣化されたものにくっつけると、一緒に定着しやすいというものです。
例えば、今習慣化している、「お風呂に入る」という行動を、「お風呂に入ったら〇〇」をする、と決めて実行してみてもらえると、身をもって体感できると思うのですが、人間(の脳)は、条件を守るのが好きなので、条件が満たされると「やらなきゃ!」という気になります。で、その条件が全く何の労力もかけずにできるすでに習慣化したものであれば、条件をクリアしたからそのあとのことも半強制的に実行に移せるはずです。なので、おそらく習慣になるであろうスチームとセットで、その新しいことをやるという建付けにしてしまえばスチームを浴びる+1の習慣化が身に着けやすいという話です。
ちなみに今回、朝起きて目を覚ますためにスチーマーを浴びますが、こちらは強烈な目的があります。なので、スチームを浴びることを習慣にできるかな、、、という考えがよぎった方もいるかもしれませんが、そこは安心してください。一回やればわかります。(暴論)

はい。というわけで今回も特に広告もなく、私が思う、やったらいいと思うスチーム習慣のご紹介でした。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる